ブランド品をカードでお金に換金する方法

ブランド品をカードで現金化する方法

ブランド品をカードでお金に換金するに手順は非常に簡単でデパートや通販サイトで購入して買取業者に買い取ってもらうことで可能です。

 

より良い条件で換金するには手間さえ惜しまなければより良い条件で換金額を高めることができます。

 

効率を考えると手間と換金額のバランスが難しいかもしれませんが、カードでお金を即日現金化できる手法として今もなお行われています。

 

ブランド品をカードでお金に換金する4つの手順

 

ブランド品をカードでお金に変える4つの手順

  1. 買取店舗を何店舗かピックアップ
  2. 高い換金率のブランド品を調べ、商品の選定
  3. なるべく安く買えるお店でクレジット決済
  4. 買取店舗で換金

 

買取店舗のリサーチはネットで検索して直接お店に電話ですることをおすすめします。
買取相場は固定ではなく売れてる人気の商品ほど高価買取が期待でき、その都度変動してしまうからです。

 

商品の選定はなるべく流通の多いもののほうが買いやすいでしょう。
なるべく安く買えるお店としてはネットショップがおすすめですが、当日に現金が必要な場合は商品到着まで数日かかるので実店舗で購入しないとなりません。

 

換金率をより高めるため買取店舗ではなくオークションサイトの利用もよいですがいつ現金化できるか換金性が不確定になりがちですので期日に余裕のある方向けといえます。

 

以下はブランド品をカードでお金に換金する際のメリット・デメリットになります。

 

メリット

ブランド品をカードでお金に変えるメリット

  • 手間のかけ方によっては換金率を最大限に高めることができる
  • 即日現金化が可能
  • 数万の少額であれば手軽

 

残念ながらブランド品をカードでお金に変えるメリットはこの3つくらいしかありません。
中でも換金率を高めるだけでいったらなにかプレミア的な商品があれば購入金額よりか高く売れることがあるかもしれませんが頻繁にプレミア商品が出るわけではないので過度な期待は厳禁です。
デパートやブランド店、買取店舗などに出向く気力があればカードでお金が即日入手可能です。

デメリット

ブランド品をカードでお金に変えるデメリット

  • 横領罪に接触する可能性がある
  • 換金率を高めるにはかなりの時間と手間と知識が必要
  • 一般的には買取率60%程度がほとんどでよくて80%以下
  • 即日現金化向きではない
  • 高額の現金化向きではない
  • カード会社に怪しまれやすい

 

以上からわかるようにメリットよりデメリットが多いのがブランド品の現金化です。
カードでお金で利用者が逮捕された前例はありませんが法律上横領罪に該当する可能性があります。
時間的に余裕とノウハウがあれば相場以上の換金率が望めますが出来る人が限られてしまいますし相場自体あまり良い換金率ではありません。
高額になればなるほど大量にブランド品を購入することになるのでカード会社に怪しまれやすいく最悪、利用規約違反となり利用料金の一括請求され強制退会もありえます。

 

ブランド品をカードでお金に換金する方法まとめ

カードでお金に変えるにはブランド品は効率的ではない

 

カードでブランド品購入はメリット、デメリットを考えるとリスクのほうが大きいのがお分かりいただたかと思います。

 

商品自体選ばなければブランド正規店やデパートで入手可能ですし買取業者もネットで申し込みをして郵送すれば買取可能ですので難易度でいえば簡単にカードでお金を調達できます。

 

ですが相場自体一つひとつの商品に依存するものであり大半が良い換金率とはいえません。

 

良い条件のためには手間と時間、知識がやはり必須となります。

 

一般の方にとってブランド品をカードでお金に換金するのは効率が悪く、は現金化向けの商品でないという結論になります。

 

もしブランド品を現金化する場合は家にあるものからしていくほうが良いのではないのでしょうか?

 

また他の家にある物を買い取ってもらうのも良いと思います。

 

その他の方法でカードでお金を調達したいのならその他の資金調達方法を参考にするかカードでお金の専門業者を利用するのも選択肢の一つです。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

知っておきたい便利な利用方法


サイト更新日 2017/10/16

関連ページ

新幹線の回数券
クレジットカードでお金の定番は新幹線の回数券ですがチケット類の現金化は実は超危険です。今回は新幹線の回数券についてご紹介します。
クレジットカードで現金化ならゲーム関連商品でもできる
ゲームの関連商品、例えばゲーム機やソフトなど流行りはあるものの商品の選定を間違わなければ高く現金化できる。