クレジットカードのショッピング枠を利用する

クレジットカードのショッピング枠を利用する

クレジットカードには2種類の機能があります。

キャッシング
カード会社と取り決めた上限額まで現金を借りられカード会社が決めた条件で返済していく
ショッピング
カード会社と取り決めた上限額まで買い物ができ、支払回数をきめて後日カード会社に支払う

 

クレジットカード現金化の仕組みとして知っておきたいのはクレジットカードのショッピング枠を利用するということです。

 

はじめての方に分かりやすく説明すると例えば普段の買い物です。
洋服でもなんでもよいのですが、あなたがモノをお店で買うときクレジットカードがつかうことがあります。
その買ったモノが1万だったとして、これを友人に5千円で売ってくれないかといわれ売ればあなたの手元に5千円はいります。
このときあなたは1万で買いましたが現金は使ってません。あなたは一時的に現金5千円を得たのです。
いいかえればショッピング枠を現金に変えたと言えるのです。
これがクレジットカードで買ったモノを現金で買取ってもらう(売る)現金化なのです。

 

あなたは一時的に現金5千円を得ました。
しかしクレジットカードで購入した金額は1万円なので引き落としの日に現金1万円支払うので結果的にはマイナス5千円です。
またクレジットカードで購入しても、欲しがる買い手がいないといつまでたっても現金化は成り立ちません。

 


現金化するときは状況に応じて選択肢があるが

現金化するときは状況に応じて選択肢があるが

どうしても現金が必要であれば世の中にはさまざまな資金調達法あります。
そのとき必要としている人が思うことはいつまでいくら必要ということです。
そして忘れてはならないのがそれを行うことによってどのようなメリット・デメリットがあるのかを把握することも必要になります。
クレジットカード現金化もひとつの方法ではありますが現金を得る方法はアイディアしだいではいくらでもあるのです。

 

しかし簡単に即日現金が欲しい場合はクレジットカード現金化を利用するというのも良いかもしれません。
例えば今日急な誘いがあってどうしても現金が必要と言う場合にも電話ひとつでとりあえず現金を用意してくれるのがクレジットカード現金化です。
カードのショッピング枠さえあれば即日現金化ができるなんとも便利なサービスですがその一方さまざまなリスクがあります。
審査もなく現金が手に入ることから昔からなくらない資金調達の方法なのです。
しかし気をつけなければならないのが悪質な業者の存在支払の期日があることです。
もし悪質な業者に当たってしまうことを回避したいのであればある程度相場と知識が必要です。

 

それに対して長期でリスクを限りなく避けたい人は定期預金や個人向け国債をおすすめします。
定期預金は受け取れる金利は年数にもよって違いますが超低金利です。
ですが1000万円以下は元本保証なので元手が減ることはありません。
個人向け国債は金利が変動するものしないものあります。

 

もう少しリスクを負えるのであれば元本割れも考えられますが投資をすべきです。
例えば株取引などにある現物取引です。
株価による変動リスクはありますがその反面買った金額よりも高く売れるとその分利益となります。
継続的に利益を出せる人は世の中の数%とよく言われています。
知識なくすることはあまりおすすめできません。

 

さらにリスクを負う覚悟がありリターンを見込みたいのであれば株取引などの信用取引がよいです。
借金をして投資をすることです。借金をして運用するわけですからいろいろ制約がありこちらも知識なくすることはあまりおすすめできません。

 

いずれにせよ元手がなければ運用はできないことはいうまでもありませんので条件が限定的といえます

 

もっと安全に元手なしで現金を得るならあなたの労働を売ることが良いかもしれません。
日雇いバイトなどはその日に現金を得ることはできますが時間の拘束があります。
世の中の多くの人が日雇いとは限りませんが労働という方法で現金を得ています。メメリットは仕事をした分は現金がもらえる点です。
デメリットは働くのが人である以上環境によって影響を受けることが多いということです。
例えば労働環境が悪く上司のパワハラでストレスを溜め込み、発散のために散財してしまったり、病気になって医療費がかさんだりいろいろあると思います。
メンタルバランスが大事です。お金を稼ぐために働いているのに結果的に金銭的にマイナスになってしまうこともあります。

 

現金化できるものは信用、モノ、労働いろいろなものがあります。結果的にどれが必要なのかしっかりと考えて選択することが大切です。
収入の見込みはあるけど審査も面倒でも今すぐ現金が欲しいのならクレジットカード現金化は有効といえるでしょう。
昔から時間はお金で変えないといわれていますがクレジットカード現金化それが可能になっているとも言えるのではないでしょうか。

他にもある現金化の方法

 

⇒千差万別の資金策|他の色とりどりの他の色とりどりの資金策を啓発
⇒危難の資金策|危険と隣り合わせの資金策


クレジットカード現金化業者の種類

現金化するときは状況に応じて選択肢があるが

クレジットカード現金化業者が行う現金化方式には大きく分けて2つあります。

  • 買取方式
    クレジットカードで商品を購入し買取ってもらう方式
  • キャッシュバック方式
    業者が指定する通販サイトで商品を購入して特典として現金を受け取る方式

買取方式なのかキャッシュバック方式なのか公表しているところと公表していないところと業者によってまちまちです。
サイトで確認できればよいですが書いていなければ直接問い合わせするしかありません。
公表していないところは利用者からすれば不親切で利用を控えたくなるのは自然です。
きっと公表できない理由があるのかもしれません。

 

本当に利用したくなる優良業者は利用者にストレスなく取引をさせることのできるオペレーションがあるものです。

 

買取方式

買取り方式で購入するものは現在ではギフト券が主流です。
以前まではブランド品などもありましたが業界も効率化を図るためギフト券にシフトチェンジし始めています。
買取り方式でどうしてもネックであった現金化するまでの商品の受け取りと発送で生じるタイムラグをより効率化した結果といえます。
来店不要ですべて電話とメールで簡潔してしまいます。
昔は駅前の金券ショップで駅で買ったチケットを換金していましたが、今は手間も時間もかからなく現金化できます。
買取方式を採用している業者は違法性のリスクを極力回避したがる傾向があるようで利用者とのトラブルにならないように配慮しているところが比較的多いようです。

 

キャッシュバック方式

商品の購入特典としてキャッシュバックが付いており購入するものは業者が決めるので商品は多岐にわたります。
決済が完了が分かり次第すぐに振り込まれるので換金スピードは良いと言えます。
ただ業者のやり方によっては違法性が非常に高くなり過去に逮捕者を出しいるのがキャッシュバック方式です。
例えば、自社で決済端末をかかえていたり、購入した商品を発送したことにして実際送らないなどは違法とみなされます。
キャッシュバック方式を採用しているところでも、もちろんトラブルにならないように配慮しているところもありますがその性質上利益を追求した方式とも言えるので相対的にグレー色が強い傾向あるようです。

クレジットカード現金化はグレーゾーンであり悪徳業者も存在しますが優良店もしっかりと存在します。
過去に逮捕者がでていますが利用者が逮捕された事例は存在しません。
ただ利用者も法律違反とみなすこともできるのも事実です。


クレジットカード現金化の換金率

現金化するときは状況に応じて選択肢があるが

いざクレジットカード現金化をしようとしていくら現金化できるのかは常に不安であることはみな同じです。
そしてより良い条件で換金したいものです。

 

換金率とは、使うショッピング枠のうち現金化できる金額がどの位の割合なのかを示したものです。

換金率 換金率=現金化額/ショッピング利用額

※%を算出するときは×100

 

一番初めに例えたクレジットカード決済1万円で現金5千円の場合換金率は50%です。

 

ここで問題です。

この換金率50%は低いでしょうか?高いでしょうか?妥当でしょうか?

クレジットカード現金化の換金率としては低いですがどれも正解になりえます。

例えば、買ったはいいが、気に入らなかったので自分には不要だった場合はもう使わないので現金になるなら儲けものですね?
5千円で譲らなければ不用品のままなので高いとなります。

 

また換金目的で購入したのならもっと換金率の良いものはたくさんあるので低いといえます。

 

ここでもうひとつ条件を付けてみましょう。

あなたは今すぐ現金5千円が必要でこの換金率50%は低いでしょうか?高いでしょうか?妥当でしょうか?

妥当です。

あなたが持っているそのモノをあなたが必要としている5千円で今すぐ買ってくれるなら、今後買い手がいつ現れるか分からない状況であれば妥当と言えるのです。

 

つまり状況によって換金率が高い低いはそれぞれ違うのです。
それを念頭においてクレジットカード現金化業者の相場を知ることで換金率に固執せず損をしない取引が可能となるのです。

 

業者の換金率の相場は100万円までなら70〜80%台です。
よく広告やホームページで換金率90%以上のところがありますが現金化の仕組み上、商売として成り立たないのでありえない数字ということは認識しておいたほうがよいでしょう。
どんなに優良な業者であってもお客さんがこなければおしまいです。
ですから他の業者に負けないように仕方なく換金率を大きくみせているのが現状なのです。

 

利用する金額、いつまで必要なのかによって換金率は変わってきます。換金率にばかりとらわれていると後味の悪い取引になることがあるので気をつけましょう。
一番は安心して安全に取引できることが前提となります。しっかりと説明してくれる業者や電話対応に好印象がもてるところから基準にしてくのも良いでしょう。
効率良く選べるランキングを参考にするのが失敗しないカードでお金を作る方法としては有効です。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

知っておきたい便利な利用方法

関連ページ

家族にバレずにクレジットカードで現金化はできますか?
クレジトカードで現金化したいけど家族にバレないか心配…請求者にはなんて書かれて決済されるのか。クレジットカードで現金化したことを家族に知られないためにはどうしたら良いのか
カードでお金は違法ではないがどんなリスクがあるの?
カードでお金の違法性についてご紹介します。
現金化はカードでお金を借りるの?
カードでお金を借りると現金化するの違いを法律と現金化の仕組みを交えながら、これからカードでお金を現金化する方のためにご説明します。
所在地の近くにいるので事務所で現金化できますか?
たまたま現金化を依頼した業者の所在地が近かったので事務所で直接現金を受取りたいのですが…可能でしょうか?