提示方法は画像をメール添付

経験したことのある方はお分かりかと思いますが、審査不要な業者でもカードでお金を調達するならまず間違いなく身分証明書の確認はされ、その確認方法は来店不要の業者が多いのですべてEメールに撮影した画像を添付して送ります。

 

実はこの確認作業から本当に信用できる業者かどうか判断することができます。

 

どのサイトでも良いことばかり書かれていても実は危ない取引をさせる業者は以外にも多いようで本当に安全な取引がしたいのにできないとお悩みの方も多いはず。

 

このページではカードでお金の身分証明書確認で見えてくる本当に利用したくなる業者を豆知識としてお教えしますが、まずは初めての方のために提示する身分証明書についてお伝えいたします。

 

カードでお金を調達するとき適切な身分証明書とは

適切な身分証は顔写真付き

身分証明書として思い当たるのが運転免許証保険証住基カードパスポートなどがありますが、なかでも顔写真付きの身分証明書を求められることがごく一般的です。

 

逆に顔写真の付いていない保険証だと本人確認が不十分としてその他に確認書類の提示を求められます。

 

顔写真付きの証明書を提示する理由として本人ではない第三者がなりすまして悪用する恐れがあるのでその防止目的が挙げられます。

 

また身分証明書の確認は本人確認だけでなくイタズラやトラブル防止のためにも行われます。

 

もし身分証明書をお持ちでない方、提示をしたくない方は残念ですがその時点でカードでお金の資金調達を諦めたほうがよさそうです。

 

どんなに融通の利く業者でも身分証の不提示は逆に危険と思われ取引に応じてもらえません。

 

取引の基本はお互いの利害が一致することですから身分証がない方、提示を拒否する方は業者の判断で危険と思われてしまうのです。

 

さまざまな理由から業者によっては身分証明書だけでなくそれ以外に確認書類の提示を求められ十分に確認を取るケースがあります。

 

優良業者であれば必要以上に個人情報やそれに関する事はお聞きすることはありませんし、これから説明する2点さえあれば十分な必要書類となるでしょう。

 

逆に悪徳業者は悪用するために教えてはいけない情報を聞き出してくることがありますので注意が必要です。

 

手続きの簡素化をするあまり雑な手続きなのも問題がありますし、業者が利益を重視するあまり悪用目的で申し込んできたにも関わらず本人確認をおざなりにしてしまうことは犯罪の片棒を担ぐことにもなりかねません。

 

このような業者は決して優良とは言えません。

 

では身分証明書以外に何が確認書類として提示の必要があるのでしょうか?また注意すべき教えてはいけない個人情報とは何なのでしょうか?

 

身分証明書以外に必要なもの

身分証明書以外の確認書類

身分証明書以外の確認書類に関しては提示を求めて来ない業者もありますので絶対に必要なもとは言い切れません。

 

必要だからこそ提示を求めるので理由を知ればしっかり業務として行っていることがわかります。

 

ですから確認事項が多ければ手間に感じてしまいがちですがその業者が信用できる一つの基準でもあると言えますので、以下の2点においては面倒だと思わず応じましょう。

 

  • 顔写真の画像
  • 公共料金の郵送物

 

顔写真の画像

自撮り画像を送る

実際に申し込みをしている方が本人なのか身分証明書が偽造されていないかを判断するために行います。
特に細かい業者は自撮りの際に身分証明書を顔付近に近づけて一緒に撮影をさせることもあります。
例えばネットバンクやネット証券会社でも口座をつくるときこのような本人確認をする企業は意外と多く、別々に撮影するといくらでも偽装が可能なので不正利用防止のため細かく指定してくるのです。
ですからここまでするところは少ないかもしれないですがこれを行う業者は信頼できるひとつの要素とも捉えることができます。
確かに要素としてはわかりますが、実際撮影すると慣れていない人にとって、最近のスマホは自撮り機能が付いていて難なく撮影を行えるますが、少し古い携帯にはついていないので枠に収まったブレていない画像を取るのは至難の技となります。
もし不完全なブレた画像を送れば間違いなく取り直しとなるので時間がそれだけかかってしまいます。
そのような事を回避するためには誰かに撮影してもらうか、鏡などを使い確認しながら行うと簡単に撮影できます。急いでいる時こそうまくいかないものですので落ち着いておこなってください下さい。

 

公共料金の郵送物

公共料金の郵送物,電気,ガス,水道

公共料金の郵送物と身分証明書の住所が一致しているか実際の居住の有無を確認します。
何かの手続きをするとき郵送物と身分証の両方を提出することは一般的で、正式な手続きの場合は住民票となりますが簡易的な居住の有無は郵送物で済ませることが多いようです。
例えばカードでお金を調達するとき、提示するのがパスポートの場合は住所が手書きで記入できるため住所の偽装がてきてしまうので郵送物の提示を要求されることがしばしばあります。
電気、ガス、水道の契約名義が家族だったりして一致しない場合など記載されている氏名が本人でなければ別のものでも良いか聞いてみましょう。
主婦の場合は特にこのケースが多ので業者によっては携帯電話の請求書などでも大丈夫な場合があります。

 

注意すべき教えてはいけない個人情報|本人確認を装った身分証明書以外のもの

確認を装い個人情報を聞き出す悪徳業者

必要最低限の個人情報の提供はカードでお金を作るうえで仕方のないことですが、決して必要事項ではないものを聞き出してくる危険な業者も存在します。

 

もちろんこの点においては用心している方が多いと思われますが、クレジットカードを利用した資金調達方法ゆえにクレジットカードに関する情報は慎重に取り扱わないと思いがけない危機にさらされる恐れがあります。

 

例えば常に新たな資金調達方法が生み出される業界ですから新手の手法というだけで警戒が薄れてしまうものです。

 

手法や手段に関わらず絶対に第三者に教えてはいけない個人情報は3つ

 

  • クレジットカード番号
  • カード有効期限
  • セキュリティーコード

 

カードに記載されているこの3つさえあればカードがなくてもいくらでも買い物が可能ですし、悪用することができます。

 

ですので何があろうと聞き出してくる業者は危険度120%です。

 

キャッシュバック方式の業者は決済代行を行うのでカードの表面と裏面の画像をメールで送信させることもあるそうです。

 

これを送ると先ほど挙げた3つすべての情報を受け渡すことになり、不正利用や犯罪に巻き込まれるなど多大なリスクを負う羽目になりますので決して応じないで下さい。

 

銀行口座の暗証番号を通帳やキャッシュカードを持っていないからと言ってと教えますか?

 

それと同じでむやみに口外するものではありません。

 

キャシュバック方式で利用する通販サイトはSSL通信(暗号化通信)になっているか確認しましょう。
アドレスにhttps://******のように表示され、鍵マークが表示されるので確認ができます。

 

もしサイトのセキュリティー対策が脆弱ですと大切な個人情報がダダ漏れする可能性がありますのでむやみにクレジットカード情報を口外しているのとさほど変わりはありません。

 

その点買取方式の場合は大手の通販サイトなどを利用するので心配の必要はあまりないかもしれません。

 

カードでお金を調達する手続きの中でクレジットカード情報を聞かれるなどあれば即刻取引中止するべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

知っておきたい便利な利用方法

関連ページ

キャッシュバック方式
推奨する現金化の方法はキャッシュバック方式です。キャッシュバック方式なら即日現金化が可能だからです。
買取方式
時間に余裕が持てるなら買取方式で現金化をするのも有りです。買取方式の現金化で扱われている品物を教えます。
amazonギフトを換金
不要なamazonギフト券を現金化で換金することができます。使わないamazonギフト券は現金化してしまいましょう。
【超得!】クレジットカードのポイント現金化
クレジットカードをご利用する皆さんに朗報!知らないと損するポイント現金化。カードでお金!ポイントを使って現金化のコツを伝授します。
【クレカ不要】誰でもできる”アレ”で現金化
現金化といえば昔からクレジットカードを利用したものが定番でしたが、なんと近年、【クレジットカードなし】で現金化できる携帯キャリア決済方法が判明しました。最近増え始めた新しい現金化のノウハウを伝授します。
購入キャンセルで現金化
カードでお金ならキャンセルを利用した現金化方法が存在しますが詳しくその方法をお教えします。あまりやり過ぎは禁物ですが現金化する方法はたくさん有りますので当サイトで紹介されているその他の方法もご参考ください。
カードでお金の看板の実際店舗は
今でも街で見かけるカードでお金の看板ですが、実際に実店舗は存在するのでしょうか?カードでお金の看板の実態はいかに…
カードでお金なら電子マネーを使う裏ワザがある
カードでお金なら電子マネーでも資金調達できるその方法を伝授します。